top of page
家族の時間

Home » 記事詳細

モニエル瓦とは…?


こんにちは!

グッドハート株式会社の前田です。


今回のリフォームコラムでは、

「モニエル瓦」についてお話をしようと思います。


【モニエル瓦とは…?】

モニエル瓦とは、セメント瓦の一種です。

正式には、乾式コンクリート瓦と呼ばれます。

乾式洋瓦と呼ぶこともあります。


【耐震性・耐熱性が高い】

モニエル瓦は、主成分がセメントと砂であるため、比較的軽量です。

また、耐震性や耐熱性に優れている、とても性能の高い建材です。

しかし、セメントは水分を吸収すると劣化してしまうため、

モニエル瓦も防水塗装によるメンテナンスが必要です。


【色彩豊かなデザイン】

モニエル瓦は、デザイン性が非常に高いのが特徴です。

様々な形状、色彩のものがあります。

モニエル瓦の最大の特徴は、この色彩部分です。

着色スラリーという着色剤を表面に塗っており、

スラルー層という層を形成しています。

これが一般的なセメント瓦と異なっている点です。


【劣化症状】

モニエル瓦は、築10年前後で塗装をする必要があります。

新築時の塗膜が紫外線や風雨によって劣化し、屋根材が傷み始めるのが

およそこの時期であると言われています。

遅くても15年頃までには塗装をしてあげる必要があります。

劣化症状の主な種類は以下の通りです。

◎色あせ

モニエル瓦の表面が色褪せて、くすんで見えます。

新築時は綺麗に色づいていたはずですが、日々の紫外線や風雨によって、

着色スラリー層が弱り、色が抜けてきている状態です。

劣化の初期症状と言えます。

◎カビ・コケの繁殖









時間が経つと、黄色や茶色のブツブツのようなコケやカビが生えてきます。

モニエル瓦は水分を含んでジメジメした状態になると、

コケやカビの胞子が付着して根付いてしまいます。

これは表面の防水性が切れてしまっている証拠です。

カビやコケは内部に根っこを張っていくため、モニエル瓦の主成分である

セメント自体をもろくしてしまいます。

繁殖するとひび割れやすくなり、耐久性も落ちます。

◎ひび割れ、欠落









厚みがあるモニエル瓦も、経年劣化でひび割れてしまいます。

セメントは水を吸うと膨張し、乾くと収縮するため、

その動きで負荷がかかるためです。

これは塗装の防水性が切れてからしばらく経っている状態です。

放っておくとひびは広がり、やがて欠落も起こってきます。


【まとめ】

いかがだったでしょうか。

今回のリフォームコラムでは「モニエル瓦」について

お話をしました。

次回以降も屋根の種類等に詳しく触れていければと思います。



コメント


熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社のホームページ
熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社のラインナップページ
熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社の料金ページ
熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社の選ばれる理由ページ
熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社のスタッフ紹介ページ
熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社の施工事例ページ
熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社の会社紹介ページ
熊本屋根・外装塗装 グッドハート株式会社のお客様の声
熊本 屋根・外装塗装のよくある質問
熊本塗装公式LINEアカウント
熊本で屋根・外装塗装をはじめてご検討の方へ
熊本の塗装現場よりリアルタイム更新
熊本 屋根・外装塗装の作業の流れ
リフォームや外装塗装で火災保険適用
グッドハート株式会社での受賞履歴やメディア掲載歴
熊本 屋根・外装塗装でのコロナウイルス対策
熊本で外壁診断・屋根診断 無料診断
熊本で失敗しない外壁塗装店の選び方
熊本 屋根・外装塗装営業スタッフによるブログ
熊本 屋根・外装塗装の役立つ情報
グッドハート株式会社 代表ブログ
熊本 外壁・屋根塗装 グッドハートのニュースレター
内装リフォームのグッドハート
屋根工事・修理・塗装のグッドハート
bottom of page